第9回アルテミスステークス(GⅢ)の有力馬の前走を採点してみました。


こんにちは、リレースブログ担当の藤田です。

本日は「第9回アルテミスステークス(GⅢ)」を取り上げたいと思います。

近5年間の1番人気馬は(2.1.0.2)と信頼度やや高めで、馬連平均配当は8454円。
馬連の配当が1500円以下だった年は5年中3度あり、二桁人気の連絡みは2度。
(第9回アルテミスステークス(GⅢ) データ分析&予想(2020)参照)

予想上位馬の過去の評価・結果

おそらく1番人気は“ソダシ”、そして次に“ユーバーレーベン”、“ウインアグライア”、“ニシノリース”、“シャドウファックス”、“クールキャット”あたりが上位人気かと思います。

人気上位馬の前走にあたる重賞競走の際に公開した記事が下記となります。ぜひこちらも参考にしていただければ幸いです。

第55回札幌2歳ステークス(GⅢ)の有力馬の前走を採点してみました。
2020年9月5日(土)~2020年9月6日(日) 結果報告

第9回アルテミスステークス(GⅢ)有力馬前走採点

それでは、本日も有力馬の前走を関係者コメントやレースを基に採点してみました。
(※実際の関係者のコメントを知りたい方はレース名+レース後コメントなどで検索してください。)

第55回札幌2歳ステークス(GⅢ)
1着 ソダシ 吉田隼人騎手 7/10点
2着 ユーバーレーベン 戸崎圭太騎手 7/10点
コスモス賞(OP)
1着 ウインアグライア 横山武史騎手 6/10点
東京芝1400m(新馬)
1着 クールキャット C.ルメール騎手 6/10点
中山芝1600m(新馬)
1着 シャドウファックス 北村宏司騎手 6/10点
新潟芝1400m(新馬)
1着 ニシノリース 内田博幸騎手 5/10点


前走の評価ですが、トップは7点で“ソダシ”、同じく7点“ユーバーレーベン”、続いて6点“ウインアグライア”“クールキャット”“シャドウファックス”となりました。

そして、私のイチ推し馬については“ユーバーレーベン”にしたいと思います。
前走の札幌2歳ステークスではソダシに軍配が上がりましたが、内容的には5番人気であったユーバーレーベンも悪くはありませんでした。馬体重が+20kgという状態ではありましたが、しっかりとした走りで前半は後方につけつつ徐々に上がっていき、直線ではクビ差に詰めるまでの末脚を見せました。上がりタイムも最速でしたので、道中をもう少し良いポジションで展開できれば後半でより余裕がうまれて勝利できる可能性も上がるのではないでしょうか。

相手は、前回で先着を許した“ソダシ”が妥当でしょうか。前走のゴール前では足が止まってしまいましたが、ここで勝利して3連勝できれば能力は本物かもしれません。


それでは、本日は以上となります。

ではでは。ノシ

お得で役に立つ「無料メルマガ」を受け取ろう!

私たちrerace運営チームの「重賞買い目」を、毎週のレース開催日の正午に無料でメール配信しております。下の「rerace公式サイトへ」ボタンをクリックし、買い目を受け取りたいメールアドレスで無料会員登録を行ってください。

rerace公式サイトへ

RELATED POST関連記事

COMMENTコメント

コメントを残す

※SPAM対策のため承認制となっております。書き込みが反映されるまで多少お時間がかかりますがご了承ください。

FEATURED注目記事

RANKING人気の記事

FIRST初めての方はまずここから