第63回スワンステークス(GⅡ)の有力馬の前走を採点してみました。


こんにちは、リレースブログ担当の藤田です。

本日は「第63回スワンステークス(GⅡ)」を取り上げたいと思います。

近5年間の1番人気馬は(1.2.1.1)と信頼度はやや高めで、馬連平均配当は4306円。
馬連の配当が1500円以下だった年は5年中3度あり、二桁人気の連絡みは1度。近年の結果だけを見ると人気馬はそこそこの結果です。
(第63回スワンステークス(GⅡ) データ分析&予想(2020)参照)

予想上位馬の過去の評価・結果

おそらく1番人気は“アドマイヤマーズ”、そして次に“サウンドキアラ”、“ステルヴィオ”あたりが上位人気かと思います。

人気上位馬の前走にあたる重賞競走の際に公開した記事が下記となります。ぜひこちらも参考にしていただければ幸いです。

第70回安田記念(GⅠ)の有力馬の前走を採点してみました。
2020年6月6日(土)~2020年6月7日(日) 結果報告

第63回スワンステークス(GⅡ)有力馬前走採点

それでは、本日も有力馬の前走を関係者コメントやレースを基に採点してみました。
(※実際の関係者のコメントを知りたい方はレース名+レース後コメントなどで検索してください。)

第70回安田記念(GⅠ)
6着 アドマイヤマーズ 川田将雅騎手 6/10点
第15回ヴィクトリアマイル(GⅠ)
2着 サウンドキアラ 松山弘平騎手 7/10点
第65回京王杯スプリングC(GⅡ)
2着 ステルヴィオ 川田将雅騎手 6/10点


前走の評価ですが、トップは7点で“サウンドキアラ”、続いて6点が“アドマイヤマーズ”“ステルヴィオ”となりました。

そして、私のイチ推し馬については“サウンドキアラ”にしたいと思います。
前走のヴィクトリアマイルが“アーモンドアイ”に負け2着となった“サウンドキアラ”。さすがに“アーモンドアイ”を相手には4馬身という差をつけられてしまいましたが4番人気で他の強豪には勝った実力は決して悪いものではありません。
今年のレースを見ても他3戦の重賞もすべて1着と乗っています。近走で言えば今回のスワンステークスと同じ京都1400mの京都牝馬ステークスでもしっかりと実力を示しておりますので特に問題が生じない限りは結果はついてくると言えるのではないでしょうか。

評価6点の“アドマイヤマーズ”ですが、こちらは海外GⅠ含め3勝馬の本領発揮となるかどうか気になるところではありますが2年振りの京都コースでどう転ぶかといったところではないでしょうか。

※“ベストアクター”が回避しましたので記事内容を更新致しました。


それでは、本日は以上となります。

ではでは。ノシ

お得で役に立つ「無料メルマガ」を受け取ろう!

私たちrerace運営チームの「重賞買い目」を、毎週のレース開催日の正午に無料でメール配信しております。下の「rerace公式サイトへ」ボタンをクリックし、買い目を受け取りたいメールアドレスで無料会員登録を行ってください。

rerace公式サイトへ

RELATED POST関連記事

COMMENTコメント

コメントを残す

※SPAM対策のため承認制となっております。書き込みが反映されるまで多少お時間がかかりますがご了承ください。

FEATURED注目記事

RANKING人気の記事

FIRST初めての方はまずここから