2020年の2歳戦を振り返って注目馬を探します!【芝・中長距離部門】番付・ランキング


こんにちは、リレースブログ担当の藤田です。

昨日の記事「2020年の2歳戦を振り返って注目馬を探します!【芝・単距離部門】番付・ランキング」に引き続き、【中長距離部門】をおさらいします!

それではさっそくご覧ください!

2020年の2歳戦(芝・中長距離)振り返り

阪神・芝1600m

6月6日
阪神5R
新馬戦
芝1600m
1着馬 ダディーズビビッド 牡
武豊騎手
勝ち時計 1:36.6
2着馬との着差 1/2馬身
父:キズナ 母:ケイティーズギフト
主な兄弟:ケイティープライド(OP)
6月14日
阪神5R
新馬戦
芝1600m
稍重
1着馬 フラーズダルム 牝
福永祐一騎手
勝ち時計 1:37.1
2着馬との着差 4馬身
父:キズナ 母:クーデグレイス
主な兄弟:ブラックプラチナム(準OP)
6月21日
阪神5R
新馬戦
芝1600m
1着馬 シュヴァリエローズ 牡
川田将雅騎手
勝ち時計 1:35.9
2着馬との着差 3/4馬身
父:ディープインパクト 母:ヴィアンローズ
主な兄弟:ローズミラクル(OP)
7月4日
阪神1R
未勝利戦
芝1600m
1着馬 ホウオウアマゾン 牡
川田将雅騎手
勝ち時計 1:36.1
2着馬との着差 1 1/2馬身
父:キングカメハメハ 母:ヒカルアマランサス
主な兄弟:ギモーヴ(準OP)
7月5日
阪神5R
新馬戦
芝1600m
稍重
1着馬 ステラヴェローチェ 牡
川田将雅騎手
勝ち時計 1:36.4
2着馬との着差 クビ
父:バゴ 母:オーマイベイビー
主な兄弟:ビットクラッシャー(未勝利)
7月11日
阪神5R
新馬戦
芝1600m
1着馬 ダノンシュネラ 牝
川田将雅騎手
勝ち時計 1:38.7
2着馬との着差 1馬身
父:ドゥラメンテ 母:ラッドルチェンド
主な兄弟:テルツェット(500万下)

阪神・芝1800m

6月28日
阪神5R
新馬戦
芝1800m
稍重
1着馬 ダノンザキッド 牡
北村友一騎手
勝ち時計 1:48.3
2着馬との着差 3馬身
父:ジャスタウェイ 母:エピックラヴ
主な兄弟:ミッキーブリランテ(OP)
7月12日
阪神5R
新馬戦
芝1800m
稍重
1着馬 ヨーホーレイク 牡
武豊騎手
勝ち時計 1:51.4
2着馬との着差 3/4馬身
父:ディープインパクト 母:クロウキャニオン
主な兄弟:マウントシャスタ(OP)

阪神・芝2000m

7月19日
阪神5R
新馬戦
芝2000m
1着馬 ラーゴム 牡
北村友一騎手
勝ち時計 2:04.1
2着馬との着差 1/2馬身
父:オルフェーヴル 母:シュガーショック
主な兄弟:アドマイヤメティス(未勝利)

東京・芝1600m

6月6日
東京5R
新馬戦
芝1600m
1着馬 ウインアグライア 牝
横山武史騎手
勝ち時計 1:37.2
2着馬との着差 クビ
父:マツリダゴッホ 母:ウインアルテミス
主な兄弟:なし
2着馬 ブエナベントゥーラ 牡
レーン騎手
走破時計 1:37.2
3着馬との着差 1 1/2馬身
父:モーリス 母:ブエナビスタ
主な兄弟:ソシアルクラブ(準OP)
6月7日
東京5R
新馬戦・牝
芝1600m
稍重
1着馬 サトノレイナス 牝
ルメール騎手
勝ち時計 1:37.7
2着馬との着差 3/4馬身
父:ディープインパクト 母:バラダセール
主な兄弟:サトノフラッグ(OP)
6月21日
東京5R
新馬戦
芝1600m
稍重
1着馬 ブルーシンフォニー 牡
田辺裕信騎手
勝ち時計 1:37.2
2着馬との着差 1 1/4馬身
父:スクリーンヒーロー 母:ブルーストーン
主な兄弟:ブルーミスト(未勝利)
6月27日
東京1R
未勝利戦
芝1600m
1着馬 ジュラメント 牝
藤田菜七子騎手
勝ち時計 1:37.6
2着馬との着差 1/2馬身
父:キズナ 母:ダイワジャンヌ
主な兄弟:ララロワ(1000万下)
6月28日
東京5R
新馬戦
芝1600m
不良
1着馬 ロードマックス 牡
岩田望来騎手
勝ち時計 1:39.9
2着馬との着差 2 1/2馬身
父:ディープインパクト 母:パーフェクトトリビュート
主な兄弟:メリディアン(未勝利)

東京・芝1800m

6月14日
東京5R
新馬戦
芝1800m
不良
1着馬 ユーバーレーベン 牝
戸崎圭太騎手
勝ち時計 1:52.6
2着馬との着差 ハナ
父:ゴールドシップ 母:マイネテレジア
主な兄弟:マイネルファンロン(OP)
6月27日
東京5R
新馬戦
芝1800m
1着馬 スライリー 牝
石川裕紀人騎手
勝ち時計 1:49.7
2着馬との着差 3/4馬身
父:オルフェーヴル 母:ビジョナリー
主な兄弟:スズカデュー(未勝利)

福島・芝1800m

7月5日
福島5R
新馬戦
芝1800m
1着馬 タウゼントシェーン 牝
戸崎圭太騎手
勝ち時計 1:51.2
2着馬との着差 1/2馬身
父:ディープインパクト 母:ターフローズ
主な兄弟:スターオブペルシャ(OP)
7月11日
福島5R
新馬戦
芝1800m
稍重
1着馬 ドゥラモンド 牡
レーン騎手
勝ち時計 1:50.9
2着馬との着差 1/2馬身
父:ドゥラメンテ 母:シーズインクルーデッド
主な兄弟:サンデーウィザード(OP)
7月18日
福島5R
新馬戦
芝1800m
稍重
1着馬 アオイゴールド 牝
川又賢治騎手
勝ち時計 1:53.2
2着馬との着差 3/4馬身
父:ゴールドシップ 母:ボンビバン
主な兄弟:ベルウッドカザン(500万下)
7月19日
福島5R
新馬戦
芝1800m
1着馬 オレンジフィズ 牝
北村宏司騎手
勝ち時計 1:52.1
2着馬との着差 2馬身
父:エピファネイア 母:シャンボールフィズ
主な兄弟:シャンボールロッソ(500万下)

福島・芝2000m

7月12日
福島5R
新馬戦
芝2000m
1着馬 カガフラッシュ 牡
江田照男騎手
勝ち時計 2:07.6
2着馬との着差 2馬身
父:エイシンフラッシュ 母:ジーントウショウ
主な兄弟:トーセンクロノス(500万下)

函館・芝1800m

7月5日
函館5R
新馬戦
芝1800m
1着馬 アランデル 牡
池添謙一騎手
勝ち時計 1:52.4
2着馬との着差 クビ
父:ハービンジャー 母:ガラディナー
主な兄弟:デュッセルドルフ(1000万下)
7月12日
函館5R
新馬戦
芝1800m
1着馬 ソダシ 牝
吉田隼人騎手
勝ち時計 1:50.4
2着馬との着差 2 1/2馬身
父:クロフネ 母:ブチコ
主な兄弟:なし
7月18日
函館1R
未勝利戦
芝1800m
1着馬 ウイングリュック 牡
横山武史騎手
勝ち時計 1:49.8
2着馬との着差 5馬身
父:ロージズインメイ 母:コスモフォーチュン
主な兄弟:マイネボヌール(準OP)
7月19日
函館5R
新馬戦
芝1800m
1着馬 ピンクカメハメハ 牡
武豊騎手
勝ち時計 1:51.0
2着馬との着差 4馬身
父:リオンディーズ 母:タバサトウショウ
主な兄弟:スイープトウショウ(OP)

新潟・芝1600m

7月25日
新潟5R
新馬戦
芝1600m
稍重
1着馬 リフレイム 牝
木幡巧也騎手
勝ち時計 1:34.8
2着馬との着差 1/2馬身
父:American Pharoah 母:Careless Jewel
主な兄弟:なし

新潟・芝1800m

7月25日
新潟2R
未勝利戦
芝1800m
稍重
1着馬 ワンダフルタウン 牡
和田竜二騎手
勝ち時計 1:46.5
2着馬との着差 8馬身
父:ルーラーシップ 母:シーオブラブ
主な兄弟:なし
7月26日
新潟5R
新馬戦
芝1800m
1着馬 ドゥラヴェルデ 牡
北村宏司騎手
勝ち時計 1:49.5
2着馬との着差 3馬身
父:ドゥラメンテ 母:タミーン
主な兄弟:ドリームインパクト(500万下)

札幌・芝1800m

7月25日
札幌1R
未勝利戦
芝1800m
1着馬 ウインルーア 牝
横山武史騎手
勝ち時計 1:49.7
2着馬との着差 1 3/4馬身
父:ゴールドシップ 母:コスモエルデスト
主な兄弟:なし
7月26日
札幌5R
新馬戦
芝1800m
1着馬 バスラットレオン 牡
藤岡佑介騎手
勝ち時計 1:51.3
2着馬との着差 2 1/2馬身
父:キズナ 母:バスラットアマル
主な兄弟:なし

※未勝利戦で目立った馬が勝利していないレースは除いています。

気になる番付・ランキングは…

それでは、これらのレース結果から判断した2020年2歳馬【芝・中長距離部門】番付・ランキングを発表します!

芝・中長距離ランキング 牡馬編

第一位 ワンダフルタウン
第二位 ウイングリュック
第三位 ピンクカメハメハ
その他に
気になる馬
ダノンザキッド、ドゥラヴェルデ

芝・中長距離ランキング 牝馬編

第一位 リフレイム
第二位 サトノレイナス
第三位 ウインルーア
その他に
気になる馬
フラーズダルム、ソダシ


以上のような結果となりました。

個人的に特に注目しているのが牡馬編で第一位に指名した“ワンダフルタウン”

実は新馬戦後に鞍上が「次は楽しみしかない」とコメントしていましたが、その言葉通りの大圧勝。
直線もしっかり我慢して、追い出してからは他馬を子ども扱いでした。

鞍上の和田竜二騎手も今年はフェアリーポルカでの重賞2連勝に加え、京都新聞杯のディープボンドでの重賞勝ち、第50回高松宮記念(GI)で1着入線(その後4着降着となりましたが)や第81回優駿牝馬(GI)の3着など、例年以上に調子がよく見えます。

そんな中で、この“ワンダフルタウン”は絶好のお手馬。
来年あたりこの馬でクラシックを席捲していても不思議ではありません。
楽しみですね。

もちろんまだまだ2歳戦は始まったばかり。
これからもどんどん強い馬が出てくると思いますので、期待したいですね。

なお、ダート部門についてはまだレース数自体が少ないため、来月か再来月あたりにまた芝の最新番付と併せて公開したいと思います。
ぜひその機会にまたreraceブログをご覧いただければ幸いです。

また、今回の牝馬編第一位「リフレイム」については、先日の記事「2着と0.1秒差の逃げ馬なのに圧勝評価!?リフレイムから目が離せません。」もお読みください。

それでは、本日は以上となります。

ではでは。ノシ

お得で役に立つ「無料メルマガ」を受け取ろう!

私たちrerace運営チームの「重賞買い目」を、毎週のレース開催日の正午に無料でメール配信しております。下の「rerace公式サイトへ」ボタンをクリックし、買い目を受け取りたいメールアドレスで無料会員登録を行ってください。

rerace公式サイトへ

RELATED POST関連記事

RANKING人気の記事

FIRST初めての方はまずここから